精神科が今必要とされる

精神科の役割とは

プライベート

精神科を訪れる前の自己分析

精神科に出向く前にまず自己の症状を事前にチェックしておきましょう。心の病というのはレントゲンなど、目で見えるもので病気と判断できるものではありません。人は生きていればあらゆる出来事に一喜一憂するものです。ただ少しの間気分が沈み、落ち込んでいるというだけでは、それは「普通の人」と言えます。精神科の先生はそれでもなんとかしようと努力しますから、過剰な治療になるかもしれません。本当に自分の状態が病的かどうか、自分ではなく誰かに判断してみるのもひとつの手段と言えるでしょう。

↑PAGE TOP